会社概要

会社概要

サン・テクノロジーズは、創価大学工学部における研究成果を基に新しい原理に基づく凍結乾燥装置を開発し、中小企業ベンチャー振興助成金をいただいて商品化、起業されました。

社長メッセージ

CEO

代表取締役社長の桑田正彦です。
 私が電子顕微鏡メーカーを退職して大学に教員として着任したとき、電顕室には私がメーカー在籍中に開発したEDSやt-ブチルアルコール凍結乾燥装置がありました。EDSは使用されていましたが、残念ながらt-ブチルアルコール凍結乾燥装置はほとんど使用されておらず、その理由は、櫂足類などのプランクトンを処理したときの収縮がひどいためとのことでした。生物試料のSEM観察は、私と同じメーカーを退職後、電顕室に勤務されていた鈴木氏が自分の開発した低真空SEM凍結乾燥法を使用して行っておりました。比較すると、低真空SEM凍結乾燥法のほうが簡便で良い結果が得られやすいのですが、水のみでよい結果が得られるメカニズムが不明で、また、成功率が低いという問題点もあったので、研究テーマの一つとして水を使用した凍結乾燥法の改良を取り上げました。メーカー在職中は材料研究でSEMを使用していましたが、研究をスタートしてみると、生物のSEM試料作製は作製過程で検討すべきパラメーターが多く、完成までに要する時間も長いため材料系試料と比較して苦労が多く、生物系の研究において電子顕微鏡ばなれが進んでいるのも仕方ないと思われました。研究によって水を使用した凍結乾燥法のメカニズムや最適条件が明らかとなり、従来法と比較して、短い時間でより良い試料が再現性良く作製できる目途がついたので、大学リエゾンオフィスの協力を仰ぎ2007年末にサン・テクノロジーズをベンチャー起業しました。私たちは今後とも、SEMを使用した形態や微細構造の観察が手軽にできる試料前処理技術の開発を行ってまいりますのでよろしくお願いいたします。
 本製品の開発には、創価大学工学部環境共生工学科計測技術研究室に在籍した学生諸君の研究が大きく寄与しています。感謝するとともに、今後本技術が広く使われるように努力していく所存です。


会社沿革

2014年
社長交代(新社長 桑田正彦)
FD-6500の真空乾燥部分と冷凍機を分離して、廉価な水凍結乾燥装置FD-6510および冷却装置FDC10として商品化。
2008年
水凍結乾燥装置FD-6500の販売を開始
2007年
会社創立(社長 鈴木武雄)
中小企業ベンチャー振興基金の助成で水凍結乾燥装置を開発